入れ歯

日々の食事に欠かせない歯も、長い人生の中で失ってしまうことがあります。その場合に必要となるのが「入れ歯」。でも、入れ歯というと、「合わない」「噛み心地がわるい」「気持ちがわるい」というイメージを持たれがちではないでしょうか?

当院では長年、多世代の患者さまの歯を治療してきた実績から、義歯の製作・調整技術には自信があります。
一人ひとりの患者さまに「ぴったり合う」と感じていただける入れ歯をご提供します。歯を失ってお困りの方、現在お使いの入れ歯に不満をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

長年の技術の集積と圧倒的な数の症例数

武部歯科医院では保険の入れ歯「レジン床(プラスティック製)」の他に、
違和感の少ない「金属床」の入れ歯をご用意しています。

保険の入れ歯「レジン床」

保険適用の入れ歯の最大のメリットは治療費の負担が少ないということです。
入れ歯の厚みの違和感や熱の伝わり方が遅く食感を感じにくいなどのデメリットはありますが、もっとも経済的な入れ歯です。

自費の入れ歯「金属床義歯」

土台(床)の部分が金属の入れ歯が金属床です。
土台がレジン(プラスチック)の保険の入れ歯は厚みで強度を確保しますが、金属床の場合は強度に優れた金属のため、薄くて軽い快適な入れ歯をつくることができます。

金属床義歯で使う金属
・コバルトクロム合金
入れ歯用の金属として古くから使われており、実績と信頼があります。保険の入れ歯の約1/3の薄さでありながら耐久性にも優れているため、快適な状態で永く使用できます。
・白金加金合金
腐食に強く、金属アレルギーの心配のない体に優しい金属です。
伸びが良いため加工しやすく、馴染みの良い美しい入れ歯をつくることができます。
・チタン合金
コバルトクロム合金の約半分の重さの金属で、インプラントの人工歯根や体内に埋め込むボルトなどでも使われている体に優しい金属です。金属アレルギーの心配がなく、また腐食にも強い最良の金属です。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、歯のない部分の近くの歯にかぶせ物をして、そこに入れ歯を連結させる装置です。アタッチメント義歯は安定性がよく、ぐらつきによる噛みづらさが解消されます。バネを使用しないので、審美性に優れ、 入れ歯を装着していることが他人にわかりません。装着感もよく、他の歯への負担も最小限ですみます。

使っていた入れ歯が合わなくなることもあります
  • 入れ歯をつけると痛い
  • 食べ物がうまく噛めない
  • 話しにくい
  • すぐ外れてしまう

このような不具合を感じていながら、我慢して使い続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
入れ歯は使い続けているうちに、徐々に合わなくなってくることがあります。
これは、患者様のお口の状態が変化することと、入れ歯の摩耗によって噛み合わせのバランスが崩れてしまうことが原因です。
このようなトラブルの多くは、入れ歯を修理・調整することで改善できます。
入れ歯は「作って終わり」ではなく、定期的に調整していくことで快適に使い続けることができます。
ストレスなく毎日を過ごすためにも、そして入れ歯が合わないことで生じる問題を防ぐためにも、お使いの入れ歯に違和感のある方はお早めにご相談ください。

スマートデンチャー

スマートデンチャーとは
一般的に部分入れ歯の場合、入れ歯をお口の中に固定するために金属のバネを使用します。
スマートデンチャーは、歯ぐきの色に合わせたピンク色のバネにすることができます。
金属バネが無いため、見た目が綺麗で入れ歯と気付かれることもないので、お口を手で覆わずに、大きなお口を開けて笑ったり話したりできます。