顎関節症

顎関節症は、あごの関節やあごを動かす咀嚼筋に異常が起こり、「あごが痛い」、「口が開きにくい」、「音がする」、「ものが咬みにくい」といった症状が現れる病気です。
多少の症状は特別な治療をしなくても、やがて改善に向かい自然に治まることも多いのですが、痛みや口が開けずらい、物が食べにくいなどの症状によって日常生活に支障があれば、病院で治療を受けることをおすすめします。
あごに痛みや違和感、関節の音がするといった症状のある方は一度ご来院ください。
当院では、患者さまのあごの状態をしっかりと診査し、原因を見極めてから治療にかかります。

顎関節症は、次のような日常動作によって生じます

  • 歯ぎしりや噛みしめの習慣
  • 頬杖、猫背などの姿勢
  • 精神的ストレス
  • あごの酷使
  • 極端な大開口
  • 歯の治療などにおける長時間の開口
  • 急激な咬み合わせの変化
  • 打撲

通常、ひとつだけの原因で顎関節症になることはなく色々な原因が重なっている場合がほとんどです。

顎関節症の自己チェック

まったく自覚症状がないという人でも顎関節症がひそんでいる可能性があります。自己チェックしてみましょう。いくつか該当する人は顎関節症の可能性があります。

  • □ 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • □ あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
  • □ 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • □ 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • □ ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
  • □ 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
  • □ 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • □ 最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • □ 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • □ 頭痛や肩こりがよくする