審美歯科

いい顔はいい歯から、美しい笑顔には、美しい歯が必須です。

審美歯科とは、美しさに焦点をあてた総合的な歯科治療のことです。単に歯をきれいにするだけでなく、むし歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美しさ」という視点をプラスした治療を行います。
口元にコンプレックスがあり、人前で話をするのが自信のない方、無意識のうちに歯を気にして、笑顔が控えめになっている方、そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

武部歯科医院では美しい口元を回復させるために、多くの審美歯科の技術を提供しております。
当院での症例(施術例)のいくつかをご紹介します。

※症例は全て患者さまにご了解を得てご紹介しております。

ラミネートベニア

ラミネートベニア治療とは、歯の表面のエナメル質をごく薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付ける治療法です。歯を削る量が少なく、神経も削ることなく治療を行うことができるので、治療費も少ない負担で行うことが可能です。

テトラサイクリン(着色歯)による変色を改善した症例です。着色、形態の不揃いを修正しました。

ラミネートベニア

オールセラミックスクラウン

金属を一切使用しないセラミック製のクラウン(被せもの)です。金属を使用しないために、透明感が強く自然な感じになります。長期に渡って美しさをキープすることができ、金属アレルギーの方にも安心してご使用いただけるクラウンです。

オールセラミックスクラウン

セラミックインレー

金属による修復をセラミックで再治療した症例です。耐久性に優れた、金属やプラスチックを含まない素材なので長期に渡って安定した噛み心地と、美しさをキープすることができます。
従来、小さなむし歯に部分的に詰めるのは、金属で行われていましたが、セラミックの加工精度が向上し、歯と同じ色で詰めることができるようになりました。

セラミックインレー