口腔外科専門外来

口腔外科とは、口の中に発生するいろいろな疾患に対応する診療科です。むし歯などを治療する一般歯科に加え、外傷、あごの骨、口の中の病気、唾液線やその周りの病気、食事や会話をするための口の機能障害等、さまざまな治療を行います。
また、口の中だけでなく、全身疾患と関連のある口内の疾患、あるいはすでに何らかの病気を抱えている方の治療も行っています。

口腔外科専門外来

経験豊富な外科専門のドクターの常駐

歯だけでなく全身状態を理解した治療を行います。

  • ドライマウス
  • 顎関節症
  • 舌痛症
  • 親しらず抜歯など

口腔外科の主な取り扱い例

  • ■歯茎や頬や舌に出来るがんの発見、診断
  • ■自分の歯を使用した歯の移植(親知らずなどの余っている歯などがある場合のみ可能)
  • 舌の神経痛のような病気である舌痛症(ぜっつうしょう)の治療
  • 口内炎、小帯切除など外来手術(入院を必要としない小手術)
  • ■親知らずの治療や抜歯、保存が難しい歯の抜歯
  • ■歯を原因とした骨髄炎や腫れ等の炎症性疾患
  • ■歯を失ったり入れ歯でお悩みの方へのインプラント治療(人工の歯根による歯の修復法)
  • ■あごの関節の痛みや歪みによる、顎関節症や顎変形症の治療
  • ■事故などによる骨折や変形(顎顔面外傷)の治療

費用・保険について

口腔がん検診

「口腔がん」とは?
口腔は口の中のことで、口の中にできるがんを「口腔がん」といいます。
口腔がんは、口腔底(舌の下)や舌側縁(舌の横)などに多く発生しますが、他にも歯肉や唇などにできることがあります。加齢とともに発生率が上昇する傾向にあり、女性よりも男性の方が、発生率は高いとされます。
口腔がんは、肺がんや大腸がんなどと一緒で、進行すると命に関わる病気です。しかし、早期に発見し、適切な治療が行われれば、十分に治癒が見込めます。他のがんと同様に、早期発見・早期治療が大切です。